より安定した営業を続けるために!音声POPの活用法を考えましょう

店先にスタッフを常駐させる必要も無い

店先でスタッフにずっと声を出してもらい、お客さんを集めようと工夫している店舗は、スタッフではなく音声POPを使った宣伝に切り替えてみましょう。そうするだけで人件費が削減できて、今まで声を出してもらっていたスタッフには、チラシ配りの仕事を任せるといった工夫もできます。店舗の魅力を音声でアピールしながら、チラシに掲載されている情報で注目されてもらうという、二重の宣伝効果を得る事を狙ってみましょう。それだけで売り上げが大幅アップする可能性がありますよ。

特にアピールしたい商品を宣伝するために使う

店内で販売されている商品をアピールするために、音声POPを活用しようと思っているのなら、なるべく宣伝する商品を絞り込んでおきましょう。お客さんがずっと音声POPを聞いていてくれるとは限りませんから、2つか3つほどの商品に絞ってアピールするように意識すると、より効率的に売り上げアップを目指させますよ。商品名や割引される金額の大きさを伝える時だけ、声のトーンを上げるような工夫をすると、更に宣伝効果をアップさせる事もできます。

音声の入れ替えも簡単

音声POPはとても簡単な作りになっているために、新しい音声を録音したいと思った際にも、機械操作が苦手な人でもスムーズに音声を入れ替える事ができます。自分は機械操作が苦手だから、音声POPを扱うのが難しいと思い込まず、説明書だけでも読んでみましょう。近年ではオンラインで説明書を公開している企業も多いので、音声POPの操作がどれだけ簡単か直ぐにチェックする事ができますよ。機器に付いているボタンが多くて悩まされるという事も無いでしょう。

音声POPとは、通りがかった人を感知して、予め用意しておいた商品PRなどの音声を流す販売促進ツールのことです。