こんにあったの!電子カルテの3つのメリット

事務作業の効率がアップする

電子カルテを導入するにあたっての大きなメリットの一つとして、事務作業を効率化することができるという点を挙げることができるでしょう。なぜなら、電子カルテには紹介状や診断書などの作成機能がついていたり、標準装備の文章のテンプレートまで用意されているので、こういった書類の作成が容易になります。また、投薬や注射、処置検査といった指示内容も印字することができるので、すぐに医療に必要な指示を出すことが可能となります。

スペースを活用することができる

大きな病院であればあるほど、患者様のカルテは膨大な数になります。その膨大な数のカルテを保管しておくには、それなりのスペースが必要になってきますよね。しかし、電子カルテであれば、カルテを保管しておくスペースが不要になるため、収納スペースなどをほかのことに有効活用することができるようになります。特に、家賃が高い都心に近いところにあるクリニックなどは、スペースの確保が大変だったりしますが、電子カルテであれば広々と院内を整理することができます。

情報管理を一元化することができる

患者様の情報は個人情報として、厳重に保管する必要があります。ですから、スタッフがいちいちカルテを取り出して、検査のために使うようなことをしていれば、データの紛失のリスクが生じてきてしまいます。そこで、電子カルテであれば、データを持ち出す必要はなく、パソコン上で確認することができるので、データの紛失の心配はなくなります。また、検査センターなどと情報を共有することができるようになるので、検査指示や結果取得までカルテを移動させることなくスムーズに行うことができます。

電子カルテとは、元来紙で記載/保存していた診療録(カルテ)をコンピューター上で行うことです。あくまでも紙から移行するだけなので、現状とかけ離れない様な運用を検討することが最も重要です。